« 13, <北朝鮮・核実験への視点 ③>北朝鮮を責めるだけでよいのか? | トップページ | 15.<団塊世代へのエール①> 全共闘運動とは何だったのか?       »

14.<寺山修司と俳句>若者こそ俳句を!

 

 詩歌から演劇、競馬評論までジャンルを駆けぬけた寺山修司の出発は俳句だった。<わが夏帽どこまで転べども故郷>。15歳の青春俳句はいまも輝きを失わず、生きていれば70歳の寺山人気は衰えない。
 ・・・・・・俳句は、決して中高年たちの手すさびでなく、若者に用意された言語芸術である・・・・・・。

    毎日新聞 06/10/15(日)朝刊 『寺山修司の俳句入門』(寺山修司/光文社文庫)書評

人気blogランキングへ←1クリック応援お願いします!

« 13, <北朝鮮・核実験への視点 ③>北朝鮮を責めるだけでよいのか? | トップページ | 15.<団塊世代へのエール①> 全共闘運動とは何だったのか?       »

無料ブログはココログ